マサチューセッツ州のPPOにおける立証責任を理解する

マサチューセッツ州のPPOにおける立証責任を理解する

拘束命令審問における立証責任とは何ですか?

拘束命令は個人保護命令 (PPO) とも呼ばれ、個人を嫌がらせ、虐待、脅迫から保護するために裁判所が発行する法的命令です。マサチューセッツ州では、主に 2 種類の拘束命令があります。虐待防止命令 (209A 命令) と嫌がらせ防止命令 (258E 命令) です。立証責任とは、自分の主張を裏付ける証拠を提示する義務のことです。マサチューセッツ州の拘束命令審問では、立証責任は申立人 (拘束命令を求める人) にあります。

立証責任はどのくらい高いのか?

マサチューセッツ州では、拘束命令を得るために必要な証明基準は「証拠の優越」です。つまり、申し立て人は、申し立てられた虐待や嫌がらせが実際に起こった可能性が高いことを証明する必要があります。この基準は、刑事事件で使用される「合理的な疑いの余地がない」よりも低いものです。

「証拠の優越」とはどういう意味ですか?

「証拠の優越」とは、申立人が提出した証拠が、被申立人(拘束命令に異議を唱える人)が提出した証拠よりも説得力がある必要があることを意味します。裁判官は、申立人の主張が真実である可能性が 50% 以上あると信じなければなりません。

どのような証拠が考慮されますか?

裁判所は、以下を含むさまざまな種類の証拠を検討します。

  • 証言: 申立人、被申立人、および証人からの陳述。
  • 物的証拠: 主張を裏付ける文書、写真、医療記録、またはその他の有形物。
  • 電子証拠: テキストメッセージ、電子メール、ソーシャルメディアの投稿、電話記録。

回答者はどのような役割を果たすのでしょうか?

被告は、自らの証拠や証人を提出して拘束命令に異議を申し立てる権利があります。被告が審問に出席し、申し立てに対して説得力のある弁護をすることは非常に重要です。

Elliot Savitz & Scott Bradley 法律事務所はどのようにお手伝いできますか?

こうした状況では、経験豊富な弁護士が大変役に立ちます。弁護士は証拠の収集、弁護の準備、法廷での効果的な弁護を手伝ってくれます。Elliot Savitz & Scott Bradley 法律事務所は、拘束命令事件の取り扱いを専門としており、権利を守るために必要なサポートと専門知識を提供できます。

結論

拘束命令審問における立証責任を理解することは、申立人と被申立人の双方にとって重要です。拘束命令事件に関与し、法的支援が必要な場合は、エリオット サヴィッツ & スコット ブラッドリー法律事務所にご連絡ください。経験豊富な弁護士がプロセス全体を案内し、最善の結果を達成できるようお手伝いします。今すぐお電話いただき、ご相談のご予約をお願いいたします。

お客様の声

「私はここに座って、あなたがどのような驚くべき勝利を収めたかを考えています。私はそれが素晴らしい勝利だったことをあなたに知らせなければなりませんでした。素晴らしい。"
「本当にありがとうございました。あなたには感謝してもしきれません。裁判所が要求するものは何でも満たすために、あなたはいつもそこにいました。」
「親愛なるエリオット、私の法廷出廷中の私の弁護におけるあなたの助けと支援に心からの感謝で満たされた短いメモ。この愚かな事件を知って、私がどれほど感謝しているかを表現し始めることはできません、そしてその余波はついに終わりました。どうもありがとうございました。」
「法廷で私を代表してくれてありがとう。すべてがうまくいった。私はすべてのAAミーティングに出席し、カトリックチャリティーズで相談し、保護観察官とミーティングを行ってきました。法廷に行った日から飲み物を飲んでおらず、家ではすべてが素晴らしいです。」
「またありがとうございました。私は試用期間の終わりにいます。私はあなたなしではそれを成し遂げることができなかったでしょう。あなたはとても素晴らしいサポートでした。私はあなたがしたすべてに感謝していることをあなたに知らせたいだけです。」
「親愛なるエリオット、人々は彼らの人生の「幸運」に免疫がありません。明るい面は、誰かが彼らを救うためにそこにいるということです。あなたは私の運命を救う人です。あなたは「誠実さと正義」を代表しています。あなたは地球上で最高の弁護士です。」
「親愛なるサビッツさん、あなたの懸命な努力と私の場合の粘り強さに感謝します。この件に関して私に対処する際のあなたの敏感さに本当に感謝します。私のケースの結果に満足しており、迅速に解決してくれたことに感謝しています。」
「私はあなたの最も誠実な指導と支援にどれほど感謝しているかをあなたに話すことを始めることができません。これは私たちが息子と過ごした中で最も困難な年の1つです。これ以上前向きな結果を期待することはできませんでした。」
「エリオットが息子の事件をどのように処理したかについて、私たちは絶対に驚き、非常に感謝しており、法務評議会を必要としている人には彼を強くお勧めします!」

お問い合わせ

刑事責任

追加の法務サービス

最初の相談には料金はかかりません。
電話 (781) 974-3429 &勝利戦略を開発するための第一歩を踏み出します。

刑事弁護人

刑事告発に直面している場合は、Elliot Savitz & Scott Bradley の法律事務所に電話してください。 (781) 974-3429.

私たちは24時間年中無休で利用可能であり、電話であなたの刑事告発を評価して、あなたの最善の行動方針を迅速に決定することができます。その後、私たちがあなたの告発と一緒に戦うとき、私たちの法律事務所が法廷であなたを代表します。

ATTORNEY CLIENT PRIVILEGEはあなたの会話を保護するので、あなたは弁護士に対してオープンで正直になることができます サビッツ & ブラッドリー 1つまたは複数の料金が何であれ。私たちはあなたの権利を保護することに真剣に取り組んでおり、常にあなたの最善の利益のために行動します。