マサチューセッツ州における個人保護命令の種類に対する防御

マサチューセッツ州における個人保護命令の種類に対する防御

マサチューセッツ州で個人保護命令 (PPO) に直面することは、気が遠くなるようなストレスの多い経験となる可能性があります。これらの命令は、嫌がらせ、虐待、脅迫から個人を保護するために設計されていますが、時には悪用されたり、誤解に基づいて出されたりすることがあります。このような行為で告発された人にとって、さまざまな種類の PPO から身を守る方法を理解することは非常に重要です。

マサチューセッツ州における個人保護命令の種類に対する防御

マサチューセッツ州で個人保護命令 (PPO) に直面することは、気が遠くなるようなストレスの多い経験となる可能性があります。これらの命令は、嫌がらせ、虐待、脅迫から個人を保護するために設計されていますが、時には悪用されたり、誤解に基づいて出されたりすることがあります。さまざまな種類の PPO から身を守る方法を理解することは、そのような行為で告発された人にとって非常に重要です。この記事では、マサチューセッツ州の PPO の種類と、それらから身を守るための戦略について概説します。

個人保護命令の種類

マサチューセッツ州法では、さまざまな状況に応じたいくつかの種類の保護命令が認められています。

  1. 虐待防止命令(209A命令): これらは、家族や同居人による虐待から個人を保護するために発行されます。虐待には、身体的危害、危害を加えようとする試み、差し迫った重大な身体的危害に対する恐怖を与えること、または強制、脅迫、または脅迫によって不本意に性的関係を結ぶようにさせることが含まれます。
  2. 嫌がらせ防止命令(258E命令)これらの命令は、嫌がらせをする人との関係に関わらず、誰からの嫌がらせからも個人を保護します。嫌がらせとは、恐怖、脅迫、虐待、財産への損害を引き起こす 3 つ以上の行為、または 1 回の強制的な性的関係の行為と定義されます。

PPO に対する防御戦略

PPO を受け取った場合は、直ちに適切な措置を講じることが重要です。これらの命令に対抗するための戦略をいくつか紹介します。

  1. 法律顧問に相談する: 経験豊富な弁護士を雇うことは重要です。弁護士は、あなたの権利を理解し、法的手続きを進め、強力な防御戦略を立てるのに役立ちます。
  2. 証拠を集める: あなたの主張を裏付ける証拠をすべて集めてください。これには、テキスト メッセージ、電子メール、通話記録、目撃者の証言、およびあなたの主張を証明できるその他の文書が含まれます。
  3. 公聴会に出席する: 法廷審問に出席することは非常に重要です。出席しない場合は、PPO がデフォルトで許可される可能性があります。審問では、証拠と証言を提示する機会が与えられます。
  4. 疑惑に異議を唱える: 審問中、あなたに対する申し立ての正確性と信憑性に異議を唱えます。矛盾点、証拠の欠如、または原告が虚偽の申し立てを行った動機を指摘します。
  5. 現在の登場人物: 可能であれば、あなたの性格や行動について証言できる証人を連れてきてください。これにより、原告の主張に対抗し、裁判官によりバランスのとれた見解を提供することができます。
  6. コンプライアンスの実証: 一時的な命令に従ったこと、原告に脅威を与えていないことを示してください。これにより、法律を遵守し、想定されるリスクを軽減する意思があることを実証できます。

209A命令に対する特定の防御

虐待防止命令の場合、具体的な防御策としては以下が含まれます。

  • 証拠不足虐待の主張を裏付ける証拠が不十分であることを示す。
  • 虚偽の申し立て: 申し立てが虚偽または誇張であり、親権争い、復讐、またはその他の個人的な理由によるものである可能性があるという証拠を提示します。
  • 自己防衛: 該当する場合は、身体的な行動が自己防衛または他者防衛のために行われたことを示します。

258E命令に対する具体的な防御

嫌がらせ防止命令の場合、具体的な防御策としては以下が含まれます。

  • パターンの欠如申し立てられた行為は、法律で定義されている嫌がらせのパターン(3 回以上の行為)には該当しないと主張する。
  • 誤解: 原告があなたの行為を誤解したこと、またはあなたの行為が恐怖、脅迫、または虐待を引き起こす意図がなかったことを示してください。
  • 憲法修正第一条の権利: 該当する場合は、あなたの行動は憲法修正第 1 条 (言論の自由) によって保護されていると主張します。

結論

マサチューセッツ州で個人保護命令に対抗するには、法的手続きと戦略的なアプローチを十分に理解する必要があります。経験豊富な弁護士を雇い、証拠を集め、公聴会に出席し、申し立てに異議を申し立てることは、防御を成功させる上で重要なステップです。

PPO に直面している場合は、エリオット サヴィッツ & スコット ブラッドリー法律事務所にご連絡ください。当事務所の熟練した弁護士は、保護命令に対する弁護において豊富な経験を有しており、お客様の権利と評判を守るために精力的に活動します。今すぐお電話いただき、相談の予約を取り、最善の弁護を確実に受けられるようお願いいたします。

お客様の声

「エリオットが息子の事件をどのように処理したかについて、私たちは絶対に驚き、非常に感謝しており、法務評議会を必要としている人には彼を強くお勧めします!」
「本当にありがとうございました。あなたには感謝してもしきれません。裁判所が要求するものは何でも満たすために、あなたはいつもそこにいました。」
「親愛なるサビッツさん、あなたの懸命な努力と私の場合の粘り強さに感謝します。この件に関して私に対処する際のあなたの敏感さに本当に感謝します。私のケースの結果に満足しており、迅速に解決してくれたことに感謝しています。」
「私はここに座って、あなたがどのような驚くべき勝利を収めたかを考えています。私はそれが素晴らしい勝利だったことをあなたに知らせなければなりませんでした。素晴らしい。"
「法廷で私を代表してくれてありがとう。すべてがうまくいった。私はすべてのAAミーティングに出席し、カトリックチャリティーズで相談し、保護観察官とミーティングを行ってきました。法廷に行った日から飲み物を飲んでおらず、家ではすべてが素晴らしいです。」
「親愛なるエリオット、人々は彼らの人生の「幸運」に免疫がありません。明るい面は、誰かが彼らを救うためにそこにいるということです。あなたは私の運命を救う人です。あなたは「誠実さと正義」を代表しています。あなたは地球上で最高の弁護士です。」
「親愛なるエリオット、私の法廷出廷中の私の弁護におけるあなたの助けと支援に心からの感謝で満たされた短いメモ。この愚かな事件を知って、私がどれほど感謝しているかを表現し始めることはできません、そしてその余波はついに終わりました。どうもありがとうございました。」
「私はあなたの最も誠実な指導と支援にどれほど感謝しているかをあなたに話すことを始めることができません。これは私たちが息子と過ごした中で最も困難な年の1つです。これ以上前向きな結果を期待することはできませんでした。」
「またありがとうございました。私は試用期間の終わりにいます。私はあなたなしではそれを成し遂げることができなかったでしょう。あなたはとても素晴らしいサポートでした。私はあなたがしたすべてに感謝していることをあなたに知らせたいだけです。」

お問い合わせ

刑事責任

追加の法務サービス

最初の相談には料金はかかりません。
電話 (781) 974-3429 &勝利戦略を開発するための第一歩を踏み出します。

刑事弁護人

刑事告発に直面している場合は、Elliot Savitz & Scott Bradley の法律事務所に電話してください。 (781) 974-3429.

私たちは24時間年中無休で利用可能であり、電話であなたの刑事告発を評価して、あなたの最善の行動方針を迅速に決定することができます。その後、私たちがあなたの告発と一緒に戦うとき、私たちの法律事務所が法廷であなたを代表します。

ATTORNEY CLIENT PRIVILEGEはあなたの会話を保護するので、あなたは弁護士に対してオープンで正直になることができます サビッツ & ブラッドリー 1つまたは複数の料金が何であれ。私たちはあなたの権利を保護することに真剣に取り組んでおり、常にあなたの最善の利益のために行動します。