How is a Personal Protection Order (PPO) Granted in Massachusetts

How is a Personal Protection Order (PPO) Granted in Massachusetts

A Personal Protection Order (PPO) is a court order designed to protect individuals from harassment, abuse, or threats. It limits the actions of someone who poses a danger to the petitioner. Anyone experiencing abuse, harassment, or threats in Massachusetts can file for a PPO. This includes individuals in domestic relationships, such as spouses, partners, or family members, as well as those facing harassment from acquaintances or strangers.

How Do You File for a PPO?

To file for a PPO, the petitioner must go to the local courthouse and complete a complaint form. The form requires detailed information about the incidents of abuse or harassment, the respondent’s information, and any existing relationship between the parties.

After filing the complaint, the petitioner will have a hearing before a judge, usually on the same day. The judge will review the evidence and decide whether to issue a temporary PPO. If granted, the temporary order will provide immediate protection until a full hearing can be held.

A full hearing is scheduled within 10 days of the temporary PPO being issued. Both the petitioner and the respondent have the opportunity to present evidence and testify. The judge will then determine if a permanent PPO is warranted, which can last for up to one year and may be extended.

What Can a PPO Include?

A PPO can include provisions such as no-contact orders, orders to vacate a shared residence, and prohibitions on the respondent from coming near the petitioner’s home, workplace, or school. It can also include temporary custody arrangements for children.

Can the Terms of a PPO Be Changed?

Yes, either party can request changes to the PPO by filing a motion with the court. A judge will review the motion and may schedule a hearing to consider the requested changes.

Do I Need a Lawyer to File for a PPO?

While it is not mandatory to have a lawyer, having legal representation can be beneficial in navigating the process and ensuring that your rights are protected. Legal aid organizations can also provide assistance for those who cannot afford an attorney.

お客様の声

「親愛なるエリオット、私の法廷出廷中の私の弁護におけるあなたの助けと支援に心からの感謝で満たされた短いメモ。この愚かな事件を知って、私がどれほど感謝しているかを表現し始めることはできません、そしてその余波はついに終わりました。どうもありがとうございました。」
「本当にありがとうございました。あなたには感謝してもしきれません。裁判所が要求するものは何でも満たすために、あなたはいつもそこにいました。」
「法廷で私を代表してくれてありがとう。すべてがうまくいった。私はすべてのAAミーティングに出席し、カトリックチャリティーズで相談し、保護観察官とミーティングを行ってきました。法廷に行った日から飲み物を飲んでおらず、家ではすべてが素晴らしいです。」
「またありがとうございました。私は試用期間の終わりにいます。私はあなたなしではそれを成し遂げることができなかったでしょう。あなたはとても素晴らしいサポートでした。私はあなたがしたすべてに感謝していることをあなたに知らせたいだけです。」
「親愛なるサビッツさん、あなたの懸命な努力と私の場合の粘り強さに感謝します。この件に関して私に対処する際のあなたの敏感さに本当に感謝します。私のケースの結果に満足しており、迅速に解決してくれたことに感謝しています。」
「私はあなたの最も誠実な指導と支援にどれほど感謝しているかをあなたに話すことを始めることができません。これは私たちが息子と過ごした中で最も困難な年の1つです。これ以上前向きな結果を期待することはできませんでした。」
「私はここに座って、あなたがどのような驚くべき勝利を収めたかを考えています。私はそれが素晴らしい勝利だったことをあなたに知らせなければなりませんでした。素晴らしい。"
「エリオットが息子の事件をどのように処理したかについて、私たちは絶対に驚き、非常に感謝しており、法務評議会を必要としている人には彼を強くお勧めします!」
「親愛なるエリオット、人々は彼らの人生の「幸運」に免疫がありません。明るい面は、誰かが彼らを救うためにそこにいるということです。あなたは私の運命を救う人です。あなたは「誠実さと正義」を代表しています。あなたは地球上で最高の弁護士です。」

お問い合わせ

刑事責任

追加の法務サービス

最初の相談には料金はかかりません。
電話 (781) 974-3429 &勝利戦略を開発するための第一歩を踏み出します。

刑事弁護人

刑事告発に直面している場合は、Elliot Savitz & Scott Bradley の法律事務所に電話してください。 (781) 974-3429.

私たちは24時間年中無休で利用可能であり、電話であなたの刑事告発を評価して、あなたの最善の行動方針を迅速に決定することができます。その後、私たちがあなたの告発と一緒に戦うとき、私たちの法律事務所が法廷であなたを代表します。

ATTORNEY CLIENT PRIVILEGEはあなたの会話を保護するので、あなたは弁護士に対してオープンで正直になることができます サビッツ & ブラッドリー 1つまたは複数の料金が何であれ。私たちはあなたの権利を保護することに真剣に取り組んでおり、常にあなたの最善の利益のために行動します。